×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エレキギター の 弾き方

エレキギターの弾き方にはいろいろな種類の練習方法があります。エレキギターの弾き方について初心者にいろいろとこのサイトでアドバイスをしていきたいと思います

エレキギター の 弾き方

エレキギターの弾き方を学びたい、

エレキギターの初心者が最初にすることは、

エレキギターとアンプを手に入れることです。

エレキギターの弾き方により選ぶギターが決まってくるのですが、

始めは、自分にあったギターを選ぶことがいいでしょう。

形やピックアップにより選ぶギターが決まってくることが、

多いとは思いますが、出来ればネックを持った感じで、

エレキギターを選ぶほうが後々弾きこなしていくときに、

このネックの形が重要になってきます。

俗に言われるのが、ギブソンのようにフレットが、

平らに近いほうが早弾きをするのに向いているといわれています。

逆にフェンダーのようにフレットが少し盛り上がっていると、

なれないと早弾きをするのが難しいようです。

私自身、レースポールモデルを使っていますが、

同じフレーズを弾きこなすとき、フェンダータイプでは、

少々もたつくことがありますが、これも慣れればなんとかなるでしょう。

ただ、エレキギター弾き方を学びたい人は、

出来れば最初はギブソンタイプか、

フェンダータイプを選ぶほうが後々色々と活用が出来るようです。

ただ、エレキギターの弾き方を学びたい人は、

エレキギターを手に入れたのであれば次はなるべく早く、

チューナーとメトロノームを購入することをお勧めします。

エレキギターを始めた初心者の多くは、

チューニングもそこそこで、自分の弾きたいように弾き始めます。

このようなことではエレキギターの上達は難しいのです。

気に入ったエレキギターが見つかったのであれば、

次は、リズムと音程を鍛えるチューナーとメトロノームを

そろえるようにしてください。