×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エレキギター の 練習 方法

エレキギターの練習について考えて見ましょう。エレキギターというと、その性格のせいか、きちっとした練習方法を確立している人がすくないのです

スポンサード リンク

エレキギター の 練習 方法

エレキギターの練習について考えて見ましょう。

エレキギターというと、その性格のせいか、

きちっとした練習方法を確立している人がすくないのです。

でも、エレキギターも、楽器ですので、

他の楽器と同じように基本となる練習方法があるのです。

その基本となる練習方法とは、スケール練習です。

スケール練習とは、色々な音階を練習することなのです。

もちろん、ド、レ、ミと弾くのは当たり前であり、

ド、ミ、レ、ファ、ミ、ソやド、レ、ミ、レ、ミ、ファ、ミ、ファ、ソ

など、色々なバリェーションを練習するパターンは色々あり、

また、音階も普通のメジャーだけではなく、

マイナーやブルーススケールやその他の音階も練習する

必要があるといえるのです。

これらの練習は普通は、左手の練習と思われがちですが、

やってみればわかると思うのですが、左手と右手のタイミングを

練習ことにもなることになります。

この練習をするさいは、メトロノームかリズムボックスを

活用しながら、練習しないと意味がありません。

自分のタイミングでやっていると、リズムの正確さが失われ、

かえって変な癖をつけることになるからなのです。

この練習は面白くないのですが、この練習が身に付くと、

気が付けば指が早く動くことにもなりますし、

ソロを弾く場合でも弾きやすくなるのです。

楽器の習得の基本は音階練習です。

エレキギターの初心者のうちは、指が自由に動くようになるまで、

ひたすら練習し、ゆびについている変な癖をとらなけばならないのです。