×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エレキギター の コード

エレキギターのコードを覚えていますか?エレキギターのコードは、フォークギターとは少し違い、すべての弦を弾くというのではなく、高音部でコードを弾き、そこに低音部の音を入れることをよくします。

スポンサード リンク

エレキギター の コード

エレキギターのコードを覚えていますか?

エレキギターのコードは、フォークギターとは少し違い、

すべての弦を弾くというのではなく、高音部でコードを弾き、

そこに低音部の音を入れることをよくします。

これは、楽譜などで分数コードで書かれるものなのですが、

このエレキギターのコード選び方にセンスがみれます。

聞いていて耳障りのいいコードを選ぶギタープレーヤーは、

たいがいソロを弾いてもいいソロを弾くことが多いのです。

これは、コードをよく理解していると、構成音から、そのコードにあった、

ソロを弾くことが出来るからなのです。

でも、このテクニックはすぐに身に付くわけではありません。

色々なギタープレーヤーの演奏を聴き、

その演奏をコピーし自然と身につけるものなのです。

でも、コードを使ったテクニックは、ある練習で身に付きやすくはなります。

それは、スケールを練習することなのです。

スクール練習は、指を鍛える意味もありますが、

じつは、コードの構成音を理解し、身に付けることにもなるのです。

スケールといっても、メジャーだけではなく色々なスケールがあります。

このスケールの連取だけで一冊の教本になっているのもあるぐらいです。

でも、近くにエレキギターのいい教本が無いのであれば、

クラシックギターの本も参考にもなります。

あるジャズのギタープーヤーは、チェロの教本を参考にしていました。

クラシックの演奏は、練習方法がきちっと確立しているので、

それを参考にするのは凄くいいということでした。

エレキギターのコードを覚えるときは、

一緒にスケールも覚えるようにしてください。