×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エレキギター の 初心者

エレキギターの初心者にアドバイスするときは、最初に、メトロノームとチューナを買うことを進めています。エレキギターの初心者というとすぐにアタッチメントを買いたいということが多いのですが、初心者が一番必要なのは、メトロノームと音程なのです。

スポンサード リンク

エレキギター の 初心者

エレキギターの初心者にアドバイスするときは、

最初に、メトロノームとチューナを買うことを進めています。

エレキギターの初心者というとすぐにアタッチメントを

買いたいということが多いのですが、初心者が一番必要なのは、

メトロノームと音程なのです。

エレキギターの初心者は、ギターを購入したらすぐに、

自分の好きな曲のフレーズを弾くよう無いなるのですが、

自分の弾いたギターを一度録音してみてください。

自分の弾いたイメージと出てきている音の違いに、

愕然とする可能性が高いのです。

これは、歌を歌うときにもいえるのですが、

実際の声と自分の頭の中で響いている声とは、

まったく違うということを経験した人は、

沢山いると思うのです。

エレキギターの場合もこれて同じです。

自分が弾いているつもりでも、録音にとって冷静に聞くと、

まったく違うものに聞こえるのです。

これはこれで、エレキギターの初心者にはいい練習なのですが、

上達という観点から見ると、少し違うような気がします。

エレキギターの初心者にメトロモームとチューナーを選ぶのは、

正確さを身に着けてもらうためなのです。

エレキギターは自分ひとりでなく、バンドで弾くことが多く、

全体のリズムと音程にあわせるという感覚を、

身につけておかないと、セッションするときに、

非常に困ることになるのです。

もちろん、チューナーやメトロノームで練習しているからといって、

すぐに、バンドで弾けるわけではないのですが、

普段からメトロノームやチューナを使い、

正確に弾くことを練習していたら、

すぐに上達することができるのです。