×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エレキギター の 選び方

エレキギターの選び方について考えて見ましょう。エレキギターほど数多く種類があるものは、他の楽器にはないといえます。それは、弦の音をピックアップというマイクで拾うことにより、アンプで音を大きくするという構造なので、他の楽器のように、自分の中で音を響かせるという、構造を持たなくてもいいからなのです。

スポンサード リンク

エレキギター の 選び方

エレキギターの選び方について考えて見ましょう。

エレキギターほど数多く種類があるものは、

他の楽器にはないといえます。

それは、弦の音をピックアップというマイクで拾うことにより、

アンプで音を大きくするという構造なので、

他の楽器のように、自分の中で音を響かせるという、

構造を持たなくてもいいからなのです。

エレキギターを選ぶ場合、どうしてもスタイルから入ると思うのですが、

弾いてみればわかると思うのですが、

形によっては弾きやすさがあるのです。

初心者がエレキギターを選ぶ場合はできれば、

レスポールモデルかストラトキャスターモデルを選ぶことを

エレキギターの初心者には勧めています。

エレキギターを選ぶときこの2種類をすすめるのは、

この2つは昔からある形であり、誰でも引きやすく、

音にしても一番いろんなところで聞くことが出来るからなのです。

もちろん、エレキギターの場合は、エフィクターを使えば、

色々な音を作ることは出来るのですが。

エレキギターを選ぶ場合、初心者のうちはエフィクターも

そんなに持っていることは無く、セッティングも出来ないので、

基本となるこの2本を選べば後々活用しやすいのです。

もちろん、ジャンルによっても選ぶギターは変わってくるとは、

いえるのですが、この2本はジャンルを越えて、

色々な人が使用しているギターなのです。

でも、もしアンプを買うお金が無いのであれば、

セミアコースティックを選べば、アコースティックギターの特徴もあり、

それだけでも十分音が出るのでこのギターもいいかもしれませんね。